考察:実家への帰洛ルート


Q.京都に実家を持つ鉄道ファンが大学生になり、一人暮らしで神奈川に住み得をしたこと。

A.実家に帰る=旅にできること。

とまあ、冷静な判断力の持ち主なら新幹線で帰るところをあの手この手を使ってアレンジメントしています。ちなみに、新幹線で帰れば約3時間半で実家の玄関にたどり着くのにねえ……

というわけで、大学生活6年間の帰省の記録をまとめてみました。

(元ネタ:SWAのミョーな帰省)

その前に-東上にまつわる思い出@高校まで-

大学に入る前から東京での用事やレジャーは何度か経験しており、もちろんそのときにも京阪神⇔首都圏の移動はしています。記憶にある中で最も古い移動は、1994年春にディズニーランドへ行くため100系ひかりで東京へ行ったことですが、その時にも「初めての期待感」では興奮した覚えがないので、おそらくその前に何かのタイミングで行ったように思います。
 家族に鉄道ファンがいたわけではないので、本格的に多様化してくるのは一人旅を始めた中学生以降です。一人旅で初めて関東に足を踏み入れたのは2000年春で、この時は当時残っていた紀伊夜行で新宮に着いた後、紀勢東線を進んで大垣からムーンライトながらで東京へと着いています。帰りはムーンライトえちごで新宿へ着いた後、中央線の普通で京都へと帰りました。

さて、これが高校時代になると「旅の途中で東京へ」から「東京に目的があって」という機会が増えてきて、それにしたがって様々な交通手段が使われるようになりました。列挙すると、青春ドリーム、ドリーム、サンライズ出雲・瀬戸、東海道昼特急、銀河。途中からどんどん怪しくなっていて、最後の銀河に至っては下の本編では一度も登場しません。(だからこの項をもうけました笑)この時は高校2年生冬で、最後の東上になるなあと思っていました。(翌年度、サンライズで東上。)
 関東の大学を受験することとなり、卒業式が終わってそのまま新大阪から東上、翌日の試験を受けたのは特に思い出深いです。高校を卒業した期待感と翌日の試験の不安感を持って制服のまま新幹線に乗ったのですが、それまでの用事やレジャーとは全く違う感覚で、思えば出張のような気分でいたのかもしれません。結局その大学に入学することになり神奈川県藤沢市で一人暮らしをすることになったのですが、最後の東上はこれからの生活のことなど思わず、本を読んでいたように思います。


第一回:初の帰洛は長期休暇に

行き(2005年8月8日)
藤沢(14:59)-平塚-熱海-浜松-豊橋-米原-(22:42)京都
帰り(2005年9月21日〜22日)
京都(ツアーバス)東京-戸塚-湘南台

ポイント

行きはオーソドックスな青春18きっぷでの日参帰洛、帰りはツアーバスでの帰宅と貧乏学生の典型的な交通手段を利用。

コメント

初の帰洛には青春18きっぷを選択。まだ小田急では働いていなかったので、お金がなかったのでしょう。普通の乗り継ぎも、今となっては興津で刻むのが常套手段となっているので、一日で一気に帰ったあのころは若かったんだな……と遠い目。

帰りのツアーバスは、この前にも何度かJRバスを利用していたのでそれの比較手段として……しかし、「何故乗った」と小一時間程問いつめたい気持ちに。(今ならもう少し温かい目で見られるかも)



第二回:Go!Go!風邪ひき

行き(2005年12月27日)
湘南台-新横浜(のぞみG車)京都
帰り(2005年12月31日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

年の瀬にも時間がしっかり取れるようにと、のぞみで往復。のぞみで単純往復する例はなんだかんだ多く、やはり新幹線に勝る乗り物はない。行きはなんとグリーン車を利用。

コメント

はい、バイト代が入ったので調子に乗ってました……でも、この時結構体調を崩していて、普通車だとしんどかったんですよ。大晦日に帰宅という不可解、親不孝な帰り方をしているのは、終夜運転の勤務があったからです。(このあとも、3年4年M1と終夜運転の勤務に充当されています)



第三回:四国の中継点

行き(2006年2月11日)
湘南台-藤沢-東京(東海道昼特急大阪号)京都深草…竹田-九条
帰り(2006年2月25日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

安くかつ楽な移動として、よく使われる昼特急を行きに組み込んで。帰りは時間がなかったので、のぞみ。

コメント

残念なことに、結構無駄な動きしていますね……東京まで行って、深草BT下車とか(まあ、この時は京都号に乗り遅れたのだけれど)。あとになるに従って洗練されてきますが、まあ当時はこんなもの。四国への中継点とは、いったん帰洛した後に、鉄道研究会の合宿@四国へ旅立っているためです。



第四回:シリアの中継点

行き(2006年2月27日)
湘南台-新横浜(のぞみ)京都
帰り(2006年4月2日)
京都-三宮-神戸空港(SKY)羽田空港-川崎-尻手-浜川崎-鶴見-横浜-湘南台

ポイント

行きは時間がなかったので、のぞみ。帰りは神戸空港を利用したかったので、羽田までスカイマークでひとっ飛び。羽田についてからは余計な動き。

コメント

この1ヶ月の間に、第1回目のアラビヤ語研修(レバノン/イエメン/シリア)が入っています。飛行機でバンバン飛んで帰国して、また国内線に乗るとは……しかも、このスカイマーク便が低気圧の影響で揺れに揺れて、3月に乗ったどの飛行機よりも大変だったというオチまでついてしまいました。



第五回:課題のためにキックターン

行き(2006年6月3日)
湘南台-町田-八王子(あずさ)塩尻(しなの)千種-大曽根-平安通-小牧(桃花台新交通)桃花台東-名駅-米原-京都
帰り(2006年6月4日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

たまには山越えルートをと思い、中央線経由で帰洛。名古屋では前々から狙っていた桃花台新交通に乗るなど、キックターンにしては充実した内容。

コメント

都市環境系の授業の課題の中で、既存の街を舞台にした新たな環境保全政策を提案しなさいという課題が出て、私が選んだのが京都にLRTを充実させる、というもの。そのため、実地調査……というかちょっと写真を撮りに帰ったようなものです。



第六回:Mながらに乗ってシルクロードの旅人を見送る

行き(2006年8月3日〜4日)
湘南台-戸塚-大船(ムーンライトながら)大府-武豊-大府-大垣-米原-京都
帰り(2006年8月10日・13日)
京都(サンダーバード15号)富山//電鉄富山-電鉄黒部…黒部-親不知-糸魚川-南小谷-信濃大町-茅野(スーパーあずさ34号)甲府-高尾-八王子-町田-湘南台

ポイント

帰洛するだけならMながらはあまり使い勝手が良くないのだが、青春18期間だったので利用。武豊線のおまけ付き。帰りは研究会の合宿絡みで富山経由。大糸線がすばらしい。

コメント

この時、親友がシルクロード陸路制覇のために神戸から天津に向けて旅立ったので、京都でおもてなし。合宿は割と良かったのですが、帰りに集中豪雨にぶつかり、スーパーあずさが1時間遅れるなど、散々な帰宅に。



第七回:ヨルダンの中継点

行き(2006年8月19日)
湘南台-藤沢(ひたすら在来線)京都
帰り(2006年9月22日)
京都-大津(近江鉄道バス)品川バスターミナル…品川-上大岡-湘南台

ポイント

時間もなかったので、脇目も振らず帰洛。帰りの近江鉄道バスは、あまり知られていないのか、混雑するこの時期でも3日前予約で何なくgt

コメント

この期間中にヨルダンとシリアに行っていました。実質京都にいたのは三日程でしょうか。帰りの近江鉄道バスは、今は大津駅には寄らないようです。これが、途中で車両故障のため、彦根辺りで代車に乗せ替えられたのも、、、この年の帰宅はどうもトラブル続きです。



第八回:ぷらっとこだまで豪華に帰洛

行き(2006年12月27日)
湘南台-新横浜(こだま)京都
帰り(2007年1月4日〜5日)
京都-大阪…大阪駅桜橋口(プレミアムライナー2号)東京駅八重洲口…東京-藤沢-湘南台

ポイント

正月期間を唯一京都で過ごした年。行きはぷらっとこだまでこだまG車を利用。帰りもプレミアムライナーの1階席に乗るなど、かなり豪華な帰洛に仕立て上げる。

コメント

18きっぷで帰るのもかったるいなと思うようになってしまい、ぷらっとこだまを用立てました。ぷらっとこだまは何せグリーン車が安く、京都-新横浜では、指定席+1,500円でグリーン車に乗れるという破格の待遇。帰りのプレミアムライナーも学割/ネット割をつけて、ドリームとほとんど変わらない金額を実現。リッチな割にお得という、ハイレベルな帰洛でした。



第九回:モロッコへの中継点

行き(2007年2月26日)
湘南台-新横浜(のぞみ)京都
帰り(2007年4月1日〜2日)
京都-大阪…大阪駅桜橋口(プレミアムライナー82号)東京駅八重洲口…東京-戸塚-湘南台

ポイント

時間がないときの帰洛はのぞみに限る。帰りはプレミアムライナーでまたも豪華に。

コメント

この期間内にシリアとモロッコに行ってました。なんかこう、明らかに実家にいる期間の方が短いという……帰りのプレミアムライナーはまだ時差ボケの残る頭で、富士川SAまで眠れない夜を過ごしていました。



第十回:48時間+α

行き(2007年5月3日〜4日)
湘南台-町田(ハーバーライト号)京都
帰り(2007年5月5日〜6日)
京都-大阪…大阪駅桜橋口(ドリーム6号)東名大和-大和-湘南台

ポイント

18きっぷのない時期に安く上げるにはバスが一番。その中でも、行き帰りとも都心まで行かないで済むように、ちょっと工夫をしてみました。

コメント

行きのハーバーライト号は乗り継ぎをミスって、町田で1分の乗り継ぎという、大変な乗り継ぎを演出してしまいました。帰りは自宅から最も近い高速のバス停である東名大和で下車。これが思った以上の当たりで、楽に自宅に帰えれました。東名大和には当時、大阪発の6号しか停まらなかったのですが、その後停車するバスは拡大しています。



第十一回:3度目の夏は昼行バスで帰り、近鉄で行く

行き(2007年8月3日)
湘南台-藤沢(おはようライナー新宿)新宿(中央道昼特急)京都
帰り(2007年9月22日〜24日)
京都-吉野-八木-賢島-伊賀上野-奈良-天理//生駒山-河内長野-玉造…上本町-津-湯の山温泉//菰野-東員-名古屋(こだま)新横浜-湘南台

ポイント

中央道の大月〜諏訪が未踏だったので、乗りつぶしをかねて中央道昼特急で。帰りはかなりカオスなルートになっているが……近鉄の3日間パスを利用し、最後はぷらっとで締めて安上がりに。

コメント

中央道昼特急は景色のバリエーションに富んでいて快適な路線でした。うまい具合に1階最前の席を取ることができたので、8時間の前展旅というこれ以上ないシチュエーションでした。

帰りは、高校の文化祭に参加しつつ近鉄乗りつぶしという、少々アクロバティックなネタで攻めています。奈良健康ランド、ユーユーカイカンと健康ランド泊まるのもこれが初めてで、以降健康ランドにはまっていくきっかけとなったのもこの旅でした。



第十二回:スーツ姿で映画を見に行く

行き(2007年11月23日〜24日)
新宿(ニュードリーム2号)京都
帰り(2007年11月25日)
京都-大阪-なんば(ラピート)関西国際空港(SFJ)羽田空港-戸塚-湘南台

ポイント

行きは六本木で用事があり、そのまま夜行バスに飛び乗るというビジネスマンのような動き。帰りは、SFJがちょうどキャンペーン期間中で、破格値で羽田へ飛べたので乗ってみた。

コメント

京都国際学生映画祭に友人が出展することになり、その応援も兼ねて帰洛したわけですが……実家にいる時間の最短記録を樹立し、慌ただしいものだったことには反省しきり。映画も、評論家の受けが今一つだったのも、、、しかし、映画監督からはいい評価を得た作品だったので、まあよかったなと。



第十三回:ぷらっとこだまで年の瀬に

行き(2007年12月22日)
湘南台-新横浜(こだま)京都
帰り(2007年12月28日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

ここから4回連続で新幹線単純往復というつまらないものばかり。でも、まだこれはぷらっとのG車だしマシか。

コメント

ほぼ徹夜で突っ込んだため、こだまで危うく寝過ごすという危機が……この年は、大晦日に終夜運転の勤務が入っていたので、年末のうちに帰宅しています。行きにビールと幕の内、帰りにコーラとアイスクリームというお約束ができたのも、この辺りからです。



第十四回:就職活動(1)

行き(2008年4月16日)
田町-新宿-品川(のぞみ)京都
帰り(2008年4年18日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

京都の企業の2次面接で京都に呼ばれ帰洛。小細工ができるわけもなく。

コメント

新宿で親友と飲み、ギリギリの新幹線で帰ったものでした。2次面接の結果は……推して知るべし。



第十五回:就職活動(2)

行き(2008年4月23日)
東京(のぞみ)京都
帰り(2008年4月25日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

京都の企業の2次面接で京都に呼ばれ帰洛。小細工ができるわけもなく。

コメント

前の帰洛記録の完全にコピペですな……この時は別の企業の面接から直で飛び乗りました。2次面接の結果は……推して知るべし。



第十六回:就職活動(3)

行き(2008年5月28日)
新横浜(のぞみ)京都
帰り(2008年5月29日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

三度、京都の企業の面接で京都に呼ばれ帰洛。小細工ができるわけもなく。

コメント

崖っぷち面接だったわけですが、やはり期待に添えない結果に。清々しさを取り繕おうとして、自分の存在価値に悩むこともありました。



第十七回:興津に定宿あり

行き(2008年8月7日〜8日)
藤沢-熱海-沼津-興津//…新清水-新静岡…静岡-浜松-名古屋-岐阜-大垣-桑名-津-八木-京都
帰り(2008年8月12日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

初の興津刻み。ルートの複雑さは、県庁の旅2回目を兼ねていたため。

コメント

興津刻みとは、興津にある駿河健康ランドに宿泊すること。ここに泊まっておくと、楽に移動できるわ、風呂でくつろげるわ、他の18ユーザーと被らないわ、と少しの投資でかなりの潤いが演出できます。ただ走り抜けるだけしかできない静岡近辺も、途中下車をしてのんびりやることが可能に。



第十八回:テヘランから直撃

行き(2008年9月18日)
成田空港(ANA)伊丹空港-京都駅八条口
帰り(2008年9月20日)
京都駅烏丸口(東海道昼特急)東名大和…大和-湘南台

ポイント

テヘランから成田に着いたので、そのまま成田から乗れる飛行機に。帰りは、昼特急を大和下車とシンプルさの中にも奥深さが詰まっています。

コメント

成田で7時間程待ち時間があったので、普通に東京へ出て新幹線に乗った方が早いのですが……まあ、成田から国内線に乗るなんてこともなかなか出来ないですし、エコノミー料金でCクラスの座席に乗れたのも、ポイント高いです。

帰りは、新名神や東名阪、伊勢湾岸道など新しくできたルートを見たくなり選択しました。例によって大和で降り、ロスタイムを減らしている部分にも心と体の余裕を感じられますな。



第十九回:晩秋の北陸踏み分け

行き(2008年11月22日〜23日)
上野(能登)高岡-砺波-森本-和倉温泉-七尾-脇-氷見-高岡(サンダーバード)京都
帰り(2008年11月25日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

前々から計画していた北陸経由をいよいよ実行。金沢近辺の未乗路線を周遊きっぷを駆使して乗ってきました。

コメント

本当は北陸のソロを利用しようと思っていたのですが……チケがとれず。仕方なく能登の自由席に乗ると、まあ489系はあまり深夜帯向けでないなと……この時、帰りに田町に用事があったので周遊きっぷの帰り券が金沢-新疋田-永原-山科-大津-栗東-米原-小田原(新幹線)品川-戸塚と極めて複雑な指定に。結局使わなかったのですが。



第二十回:緊急事態発生

行き(2008年12月21日)
湘南台-新横浜(のぞみ)京都
帰り(2008年12月26日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

まったく普通の帰宅ですが、状況が普通でなかった……

コメント

知っている方は知っていると思いますが、この時おたふく風邪に罹っていました。この1週間前に発症し、1週間はほとんど動くこともままならない状態だったので、まあなんとか実家に帰れるくらいまで回復したのがこの時。親に連れられて帰り、新横浜でげーげーな状況にも陥ったわけです。なんとか1週間で治り、このあとのスキーツアーには参加できたわけですが。



第二十一回:初春の 富士の白峰を 横に見て

行き(2009年1月1日)
湘南台-新横浜(のぞみ)京都
帰り(2009年1月2日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

実家滞在時間の最短記録を更新。やはりのぞみは速い。

コメント

まともな正月の帰洛がなかったので、正しく帰洛し正しく実家で過ごしてきました(24時間)。終夜運転勤務明けで乗った新幹線は、自由席が100%乗車で、デッキ位置での座り込みを余儀なくされるという……帰りがまだましだっただけに、しんどい旅でした。



第二十二回:帰国してもなおパッカー

行き(2009年3月26日〜27日)
(成田空港-)藤沢-沼津-興津//興津-掛川-西鹿島-浜松-天竜二俣-新所原-豊橋-大垣-京都
帰り(2009年3月30日)
京都(のぞみ)東京

ポイント

この時は、アルメニア-グルジア-トルコ-イエメン-シリアの旅からの続き。成田からの伊丹便が取れなかったので、自宅、興津経由で。念願の天竜浜名湖鉄道・遠州鉄道に乗れたのは収穫でした。帰宅はその日に東京で飲みがあったので、東京まで行っています。

コメント

海外から帰ってくると、逆に日本語が通じる状況に戸惑いが……興津・興津と言うわりにはこの時がやっと2度目。浮いた時間を天竜浜名湖鉄道に回せたのはなかなかの収穫でした。新所原のうなぎも、そうかこんなにうまいのか、とつくづく関心。駅前のケーキ屋を含め、新所原は途中下車おすすめ。



第二十三回:西から来て、西へ帰る

行き(2009年7月4日)
湘南台-戸塚-横浜-大森海岸//羽田空港(ANA)神戸空港-三宮…有馬温泉-宝塚-川西能勢口-妙見山-能勢町…亀岡-京都
帰り(2009年7月8日)
桂-三宮-神戸港-高松港…高松(サンライズ瀬戸)横浜-湘南台

ポイント

もう何がなんだか……羽田からの朝一便に余裕を持って乗るために、まず平和島で一泊。その後羽田から神戸空港支援のために飛び、次に山へ向かって妙見山。とどめは兵庫、大阪、京都の3府県境から山越え入洛。

コメント

歴代屈指のめちゃくちゃなルートに。そもそもの発端は、久々にサンライズに乗って帰宅しようと思ったら、ソロが高松から取れてしまったため。これは堪能せねばならないと考え、カオスルートを制作。

羽田で朝一便に乗ろうとしたら、直前で機体が故障し、1時間遅れ。そのかわり、以下のルートが割とスムーズに行って、カオスルートながら待ち時間が能勢町と県境で大体1時間ずつ程度。帰りはフェリー、サンライズとのんびり旅を楽しみました。



第二十四回:登山→勇気ある撤退

行き(2009年7月28日)
湘南台-新横浜(のぞみG車)京都
帰り(2009年8月9日)
京都(のぞみ普通車)新横浜-湘南台

ポイント

直前で体調が崩れたので、結局オーソドックスなルートで帰洛。G車ぐらいいいだろ!

コメント

本当は、あさぎり→ホームライナー浜松と371系と西へ行って名古屋で刻み、翌日「登山」の予定だったのですが……あまり体調が優れなかったので、断念。



第二十五回:史上最大?の帰宅

行き(2009年9月7日〜9月8日)
湘南台-町田-八王子-上諏訪//下諏訪-塩尻(しなの)千種…栄-大曽根-勝川-枇杷島-岐阜-大垣-米原-京都
帰り(2009年9月15日〜9月28日)
京都(ひかり)名古屋(ミュースカイ)中部国際空港(OZ121)仁川国際空港(OZ)タシケント<この間ウズベキスタン視察>タシケント(OZ)仁川国際空港(OZ)中部国際空港-名古屋(こだま)新横浜-湘南台

ポイント

第五回目以来の中央線経由ルート。唯一のネタが東海交通事業を踏破したことぐらい。帰宅ルートはタシケントを含めるか微妙だが……一応、実家から自宅へ移動途中ということで。ただ、タシケントを経由したということ以上のネタは特にない。

コメント

史上最大の理由は移動距離が10000km超えてるって所ですが、まあ反則気味だろうと言えなくもない……行きはそれなりに捻って八王子-上諏訪は各駅で延々3時間乗りっぱです。もちろんウズベキスタンは良かったですよー。ブハラ>サマルカンドという印象も新鮮ですが、ウズベクならどこで住んでもいいかもね。



第二十六回:興津良ければ全て良し

行き(2009年12月28日〜12月29日)
湘南台-藤沢-沼津-興津//興津-岡崎-高蔵寺(名古屋ガイドウェイバス)大曽根-尾張瀬戸-瀬戸市-八草-藤が丘-名古屋-大垣-米原-京都-西大路
帰り(2010年1月3日〜1月4日)
京都駅八条口(金太郎号)新松田駅-相模大野-湘南台

ポイント

最早おなじみとなった興津刻み。岡崎からはかなり細かく乗り継ぎ。ガイドウェイバス、リニモと特殊な鉄道に乗り回したのも◎。帰りは、ドリーム系統など軒並み満席となっている中で、空きを見つけた新松田までの深夜バス。小田急沿線にアプローチできれば、素直に小田急で帰宅。

コメント

前回に引き続いて名古屋圏の鉄道を乗り込むことに目標を掲げ、特殊鉄道を中心に組んだのがこのルート。ガイドウェイバスは不思議な乗り物で、使えそうでなかなか難しいかも。リニモも同じ。

帰りは、元旦にバスを決めたという慌ただしい展開。もちろん帰省ラッシュに見まわれ、京都発が1時間遅れ。その間八条口のバーで時間を潰すも、雰囲気が常連向き。バス自体の乗車率は100%ですが、普通の時期はどうなのか疑問。



第二十七回:決戦は金曜日

行き(2010年2月10日)
湘南台-中央林間-長津田-新横浜(のぞみ)京都-西大路
帰り(2010年2月14日)
京都(のぞみ)新横浜-湘南台

ポイント

新横浜に出るのに長津田経由というのがミソ。中央林間までの定期があって、かつ長津田から横浜市内の乗車券が適用されるので、新横浜に出るのに150円で済む。欠点は乗り換えが煩雑なこと。

コメント

ええ、地下鉄だと410円かかるところを150円の負担で行けてしまうので、その点ではかなりお得です。しかも所要時間もそんなに変わらないですし。もっとも、定期が無ければ普通は使わないルートでしょうが……ちなみに、タイトルはドリームズ・カム・トゥルーの名曲より。ちょうど進路のことで悩んでいたので、親と話をしに帰ったのでした。



第二十八回:緊急招集!東京へキックターン

行き(2010年4月11日)
湘南台-新横浜(のぞみ)京都
帰り(2010年4月12日)
京都(のぞみ)新横浜(横浜線)横浜(東海道線)戸塚-湘南台

ポイント

湘南台〜新横浜のルートは色々考えられるが、最速の可能性をつき詰めるとこの横浜-戸塚ルートになる。ただし、横浜or戸塚で1〜2分の綱渡りの乗り換えを求められるため、乗り慣れている人にしかできないが……

コメント

実家の滞在時間の最短記録を更新(15時間)。なぜこんなことになってしまったかといえば、もともと京都で面接が入っていたのが、4/11の夜に急に東京での翌日午後の面接を入れられてしまったため。そして、そちらの方が志望度が高かったので、翌朝の新幹線で帰らざるを得なくなった。しかも、その甲斐はなかったという落ちまでつく。



第二十九回:落ちた会社の横浜夜行(ハーバーライト)

行き(2010年4月26日〜4月27日)
湘南台-町田(ハーバーライト号)大阪駅桜橋口
帰り(2010年4月30日)
京都(のぞみ)東京

ポイント

ハーバーライト号は意外にまだ2回目。というのも、町田での接続が悪いので、なかなか積極的に使おうという気になれない。帰りは東京で用事があったので、そのまま東京へ

コメント

湘南台発で町田からハーバーライト号に乗ろうとすると、22:15の快速急行に乗らねばならない。しかも、町田では20分待ち……と残念すぎる。ま、乗ってしまえばかなり快適なのだが。大阪ではサウナで時間を潰した後、面接へ。うむむ……どこのおっさんだよ。ちなみに、この面接を持って一旦企業への就職活動を中断しました。吹っ切りました。



第三十回:中山道といらない空港

行き(2010年5月14日)
湘南台-戸塚-鴻巣-高崎-磯部-安中榛名(あさま517号)長野(しなの16号)京都
帰り(2010年5月18日)
京都-三ノ宮-神戸空港(SKY182)茨城空港-つくば-北千住-代々木上原-湘南台

ポイント

中央本線よりもさらに北を通る五街道の一つ中山道。それを実際にトレースしようとするとこんな感じに。あさま-しなのの乗り継ぎで乗割も適用。帰りは何かとネタになる神戸-茨城のSKY便を利用。

コメント

……いや、あとからルートを見返してみると中山道に近いなと。長野付近はちょっと苦しいですが。しかし、東海道に比べてかなりの遠回り。安中榛名へはバスで。かなり高台にあるんですね。距離の割に安く上がり、全コミで東海道新幹線利用ver.と大して料金が変わらないという……帰りは噂の神戸-茨城便。それ自体は悪くなかったのですが、茨城空港から自宅まで4時間以上かかるという……今後は使えなさそうです。



第三十一回:小田原vs新横浜

行き(2010年6月22日)
湘南台-藤沢-小田原(ひかり511号)京都
帰り(2010年7月2日)
京都(のぞみ)新横浜(横浜線)横浜(横須賀線)戸塚-湘南台

ポイント

藤沢市北部から、新横浜と小田原はちょうど同じぐらいの距離にある。ならば、どちらの方が速いのか。

コメント

正確なタイムが測れなかったのですが、ほとんど同着というのが結論。ただし、小田原はひかりが2時間に1本しかないのに対して、新横浜はのぞみが1時間に6本という利便性があるので、軍配はやはり新横浜に上がります。これが平塚なら結構いい勝負になるんでしょうが……



第三十二回:決意の朝に

行き(2010年7月4日〜7月5日)
湘南台-町田(ハーバーライト81号)京都駅烏丸口
帰り(2010年7月15日〜7月16日)
京都駅八条口(シルクライナー)高崎駅東口-大宮-戸塚-湘南台

ポイント

行き帰りとも、日取りが急に決まってしまった+金がなかったということでバスに。とはいいつつも、帰りのシルクライナーは、ほぼネタ。ルートが北陸/関越道経由でしかも、金沢と富山で乗車の扱いあり。あれ、どこの白山?(初代)

コメント

行きは特にコメントなし。まあ、オーソドックスといえばオーソドックスなルートです。帰りは、本当は祇園祭の宵々山をみて、翌朝の昼特急で帰るつもりだったんですが、昼特急は5日前にすでに満席。ぷらっとにも飽きたこともあって、謎ルートのシルクライナーを選択すると……高崎に1時間以上早着するわ、帰りの高崎線で人身に遭遇するわで、散々な目に。



第三十三回:時間とお金の有効活用法

行き(2010年8月3日〜8月4日)
湘南台-町田(ハーバーライト81号)京都駅烏丸口
帰り(2010年8月4日〜8月5日)
京都駅八条口(南海バス)藤沢駅南口-湘南台

ポイント

18きっぷ期間中は、実は夜行バスがお得。何故なら、貧乏旅行はみんな夜行快速に流れるから……というわけで、いつもはほぼ満席のハーバーライトが60%ぐらいの乗車率。帰りは予約が前日にもかかわらず、普通に2列目を確保。

コメント

今年のハーバーライト号の利用率が異常ですが……前回のルートと比較して、行きは全く同じ、帰りも京都駅での乗り場が一緒と、ほとんど変わらない帰洛となりました。8/4の為だけに帰ってような感じですが、実際その通りで、しかも自宅を着の身着のままにして出てきたようなものなので、長期で帰るわけに行かず、一旦戻ることに。



第三十四回:中京圏温泉の旅

行き(2010年8月8日〜8月9日)
湘南台-藤沢-熱海-静岡(ホームライナー浜松)浜松-豊橋(ホームライナー大垣)金山-笠寺//笠寺-大垣-樽見(うすずみ温泉)-大垣-米原-京都
帰り(2010年8月15日)
京都(のぞみ)品川

ポイント

東海道線縦断の最大の難関は静岡県であるが、これをホームライナーを使うことで華麗にスルー。樽見鉄道線を添えて。帰りは3回ぶりの新幹線。

コメント

ただ、ホームライナーを使って日着大阪、あるいは日着東京するのはかなり無理です。というわけで、結局途中での一泊を余儀なくされると。今回は、それを笠寺駅近くの「湯〜とぴあ宝」で行っています。なお、2日目のうすずみ温泉はかなりおすすめ。なお、帰りは江東区の某日本最大級の見本市会場に所用があったので、品川まで引っ張りました。



第三十五回:逃亡者001号

行き(2010年12月14日)
湘南台-戸塚(東海道線)横浜(横浜市営地下鉄)新横浜(こだま)京都
帰り(2010年12月17日〜18日)
京都(きたぐに)直江津-まつだい-美佐島-越後湯沢(Maxとき310号)東京-戸塚-湘南台

ポイント

首都圏在住の鉄道ファンなら大体があこがれる列車のひとつ「きたぐに」。また、乗り鉄ファンなら大体があこがれる駅のひとつ「美佐島」。これを卒業までに何とか組み込むことに成功。行きは安心と信頼のぷらっとこだま利用の10号車16D。

コメント

10号車16Dは喫煙G車。喫煙者にとって、下り列車ではこの席が最高だと思います。富士山、浜名湖を見られ、何より日陰というおまけつき。上りだと逆富士も捨てがたいんですが。一方帰りは、久々の北陸まわり、しかも念願のきたぐに利用。ほくほく線ではまつだいで今年度初の雪見。さらに美佐島でトンネル駅の構造について。なお、タイトルにも現れているとおり、この時ほど逃げ出したいと思ったことはなかったです。



第三十六回:45kgの輸送大作戦

行き(2011年2月12日)
湘南台-新横浜(のぞみ)京都
帰り(2010年2月15日)
京都駅烏丸口(プレミアム昼特急)東名大和…大和-湘南台
京都駅烏丸口(名神高速線特急)名古屋駅太閤口(東名高速線超特急)東名大和…大和-湘南台

ポイント

往路は出来る限り歩かないルートを選択。いつもなら歩く自宅から湘南台までもバスを使い、京都からもタクシーを利用し自宅へ。その他もエスカレーター、エレベータなどを随所で駆使。帰りは2年半ぶりの昼特急利用。Sシートは初乗り……のつもりが、豪雪の影響で大変なことに。

コメント

すべてが終わって、一回目の仕事が大量の本を家へと持ち帰ること。これが服類ならば宅配に乗せてもいいのですが、本は重すぎるのでそういうわけにもいかないのです。そこで、120Lのザックに詰められるだけの本を詰めたところ、45kgに。それをまさかの担いで移動。移動中に遭遇された方々、ほんとすいません……

帰りは前日の豪雪の影響をもろに受けた格好に……P昼特急などの長距離路線は軒並みウヤで、新幹線を使うか……と諦めかけていたところ、通常の高速線は運行していることを知り、名古屋でバスを乗り継ぐことに。学割を駆使し、何とかP昼特急と変わらないぐらいの運賃で変えることができましたが、ダイヤ乱れの余波を受け、翌日朝のバイトを後輩に振ることに……この往復、人に迷惑かけすぎです。(すいません)



第三十七回:がいせん!

行き(2011年3月4日)
湘南台-海老名IC(圏央道)海老名JCT(東名高速道路)豊田JCT(伊勢湾岸道)桑名JCT(東名阪道)亀山JCT(新名神高速道路)草津JCT(名神高速道路)京都東IC(国道一号線)京都

ポイント

ラストの帰省はまさかの車で。新鮮すぎて何を書けば……深夜の東名だが、交通量は多め。主な見所は、御殿場駐車場、富士市の夜景、由比の海、浜名湖、し  ず  お  か  け  ん、名港トリトン、吹雪の鈴鹿峠。

コメント

もともとは、大量の荷物と共に帰る第2弾となるところだったのですが、親友がガス代と高速代を払ってくれるなら行くよ、といってくれたので、+メシ代でお願いすることに。乗用車による東名は初のことで、楽しいドライブでした。御殿場の事故渋滞は大変でした……あとは概ね順調。名港トリトンはやはり夜に抜けてこそですな。逆に浜名湖、由比は昼間がよろしいかと。



セカンドシーズン:東武東上ルートを考察する。


S1:ストイック東海道

行き(2011年3月25日)
京都-野洲-米原-大垣-豊橋-浜松-静岡-富士-熱海-東京
帰り(2011年3月28日)
藤沢-熱海(ひかり)静岡-浜松-米原-京都

ポイント

ただの東海道普通乗り継ぎですが、ちょっと調子の悪い所が幾つかあります。

コメント

ご承知の通り、3月11日の東北関東大震災の影響で、東海道普通乗り継ぎにも大きな影響が出ました。一番大きかったのは変電設備の影響で、富士駅で乗り継ぎが余儀なくされていたところです。帰りはその影響で普通のみでは日着できないことがわかり、熱海で急遽新幹線に乗り換えています。うまいこと、2時間に1本の熱海停車のひかりを捕まえられたのはせめてもの幸運でした。



S2:相方シェルパと

行き(2011年7月17日〜7月18日)
草津(名神高速道路)八日市(421号線-石榑トンネル)桑名(23号線)豊明(1号線-浜名バイパス〜静岡バイパス)興津(1号線)小田原
帰り(2011年7月19日〜7月20日)
小田原(トーヨーターンパイク〜伊豆スカイライン)土肥(駿河湾フェリー)清水(134号線-1号線-23号線)知立(1号線)名古屋(23号線-1号線)京都

ポイント

バイクとほぼ下道で目指した関東。行きも帰りも2日かかって、途中で健康ランド&サウナのお世話になっています。随所に面白い道があるのがミソ。

コメント

3月にバイクを購入し、初のロングツーリングへ。行きのルートは恐らく滋賀から関東へ下道で向かう際の最速ルートだと思います。帰りは、とにかく楽しめそうなルートを選択した結果。ちなみに、目的地が小田原なのは東上目的の親友の結婚式が箱根であったからです。



S3:今からちょっと六本木へ

行き(2011年11月22日)
京都(のぞみ)品川-六本木
帰り(2011年11月23日)
品川(のぞみ)京都

ポイント

一気にシンプルイズベストなルートに。

コメント

六本木で先生・アラブ人・後輩などなどとの会合に出席することになり、出来る限り向こうでの滞在時間を伸ばそうとした結果、ものすごいシンプルなルートとなりました。お陰で、出来るだけの多くの時間を向こうで過ごすことができ、感謝感謝です。

ちなみに、タイトルの「ちょっと六本木へ」は職場で午後年休を使ってオフィスを出ようとした時の一言。どう見てもちょっと六本木行きはちょっとの距離じゃないw



S4:こんにちは赤ちゃん

行き(2012年1月21日)
京都(のぞみ)新横浜(横浜線-横須賀線)鎌倉
帰り(2012年1月22日)
湘南台-新横浜(のぞみ)京都

ポイント

社会人って忙しいんですね……またもやシンプルイズベストルート

コメント

もう、往復手段より何のために東京行ったかのほうに重点が置かれてますね……この時はS2で結婚した親友に娘が生まれて出産祝いに。鎌倉で可愛いおもちゃを選んでいる時間のワクワク感がなかなか。その後、半年ぶりに親友と再会。やっぱり持つべきものは友だよな〜などと思った滞在でした。娘さんもすくすくと育っているようで……以来関東へは通おうと決意。



S5:Single is Best!?

行き(2012年2月20日〜21日)
京都駅烏丸口(プレミアムドリーム301号)東京駅日本橋口
帰り(2012年2月22日)
東京(のぞみ)京都

ポイント

ちょっとは節約しようと約4年ぶりのPドリーム。2階席は初めて。帰りはもはや最近の定番。

コメント

やっぱり今回も向こうで滞在をいかに過ごしたかに重点が置かれています。というより今後ずっとそう?今回は先輩・同期・後輩らとスキーツアーin越後中里。鉄的にはやっぱりあの駅の構造がすごいですなと感心・元祖スキー場直結駅。

タイトル「Single is Best!?」は平松愛理のシングルより。あの曲はいつかシングルじゃなくなった時のために磨くための期間はシングルが最高という曲でしたが……さて、本当にそうなのでしょうか。



S6:すばらしきこのせかい!

行き(2012年3月23日〜24日)
京都駅烏丸口(青春ドリーム号)新宿駅東口
帰り(2012年3月25日)
東京駅八重洲口(プレミアム昼特急)京都駅烏丸口

ポイント

正しく節約した行きの青春ドリーム。帰りはP昼特急でコストパフォーマンスの高い豪華。一日ゆっくり時間があるときはやっぱりこれ。

コメント

こうも東京行きが増えてくると、どうしても節約を考えざるを得ない……行きの青春ドリームはなんと9年ぶりの乗車。その時に比べて快適になった……のでしょうか。帰りもバスだけれど逆に一番豪華なバスを。しっかり1階席を選択し、東海道8時間、実に優雅な旅を堪能しました。

タイトル「すばらしきこのせかい!」は私の心境と親友の娘の将来を思って。この時は順風満帆だったんですよ。この時は



S7:桜舞い散る春の風

行き(2012年4月7日)
京都(のぞみ)東京
帰り(2012年4月8日)
小田原(ひかり)京都

ポイント

とにかく東京にいる時間を作りたくて、往復新幹線になってしまったのが事実。ちょっとアレンジしてるけれども……

コメント

まさに東京出張。や、遊びですが。桜を見に飛鳥山へ。実に見事だったのですが、紆余曲折を経て風に吹かれる旅に。またもや親友宅にお邪魔になり、世は儚げなものと激昂。セカンドシーズンの危機を迎えましたが、なんだかんだでこれからもずっと続きます。帰りは温泉に立ち寄ってほっこりなう。



S8:国立大学十二犬伝

行き(2012年5月19日)
京都(青春ドリーム)東京駅日本橋口
京都-米原-名古屋(ひかり)品川
帰り(2012年5月20日)
品川(こだま)京都

ポイント

節約を第一に考え青春ドリームに乗ろうとしたら、乗り遅れるという失態。翌日、時間があったので少しでも節約しようと名古屋まで在来線利用で悪あがき。帰りは久々ぷらっとこだまで。いつもどおり10号車16D。

コメント

大学職員会の実行委員となり、第一回ミーティングのために東京へ。しかし金曜が飲み会で、ガンガンに飲んで帰宅して、ふと気づいたら午前2時。深夜バス乗り遅れ。はあ。そんなこんなで悪あがきとなりました。

ミーティング自体も結構侃々諤々となり、ぷらっとのギリギリ時間まで粘ったものの終わらず、結局中座するハメに。なんだか衰えたな……という印象もあります。



S9:愛車 ローンで

行き(2012年7月7日)
京都東IC(名神-新名神-東名阪-伊勢湾岸-東名<三ヶ日JCT>新東名<御殿場JCT>東名-圏央道)海老名IC-湘南台
帰り(2012年7月7日〜8日)
湘南台-厚木(246号線-1号線-23号線)豊明IC(伊勢湾岸-東名阪-新名神)草津田上IC

ポイント

愛車購入!というわけで、初の長距離ドライブとして関東へ。新東名開通も相まって、行きはひたすら最速ルートで。帰りはバイパス区間は下道でとにかく距離稼ぎ。豊明からは大規模バイパスがないので、高速を使って一気に帰宅。

コメント

VWPoloを駆って関東へ。もともとVWPoloを選んだ理由が「小さくてかつ長距離ドライブも安定している」というものでしたが、その見立てに狂いはなく、まるで疲れることなく往復できました。

母校で学園祭があったので、関西住みの後輩を誘って東上。ガス代、高速代折半で、ETC割など駆使して5000円/人で住んだのがほんとうに驚きでした。しかも、例によって親友宅に泊まったところ、結構簡単にいけることがわかり、次回以降自動車移動が増えるかも……?



S10:ぼくらはあつまるのだろう

行き(2012年7月27日)
京都駅八条口(リムジンバス)伊丹空港(ANA)羽田空港(東京モノレール)浜松町
帰り(2012年7月28日)
田町-品川(のぞみ)京都

ポイント

久々の航空便利用に。前後は通常のアクセス方法を利用し、航空機に全力調整。帰りは普通に新幹線。

コメント

実は伊丹-羽田便の利用はこれが初です。これまで神戸便や関空便の利用はあったのですが。だからといえばそれまでですが、伊丹でのチェックインが久々過ぎて戸惑う場面も。

今回はS8の会議の2回目。全国各地から集まった有志でひとつの目標を掲げて進めていくのは楽しいものです。



S11:じゃ、またね

行き(2012年11月17日)
伊丹空港(ANA)羽田空港(京浜急行)品川
帰り(2012年11月18日)
品川(京浜急行)羽田空港(ANA)伊丹空港

ポイント

まさかの連続航空便。しかも往復

コメント

楽天の出張パックを生かして1泊2日全込で\19,800という破格のお値段だったので、これは飛びつかないわけがありませんでした。というよりもっと早くから気づいていればと悔やむことしきり。とはいえ、伊丹空港まで車で行ったので、駐車場代が\4,500という残念な結果に。

今回はS8の会議の3回目、反省会でした。(本番は9月宮城教育大学にて)もう会うことも度々になるのだろうなと思うとほろり。その他、いろいろやって結構お金のかかった回になりました。ひとつの経験だ、と開き直るに限ります。



S12:物置を作りに

行き(2012年12月15日)
栗東(名神高速道路)八日市(421号線-石榑トンネル)桑名(23号線〜豊橋東バイパス)-(浜名バイパス〜富士由比バイパス)沼津(東名高速道路)秦野中井
帰り(2012年12月16日)
秦野中井(東名高速道路-新東名高速道路-東名高速道路-伊勢湾岸道-東名阪道-新名神高速道路)草津田上

ポイント

行きはほぼ下道の最速。帰りは高速での最速。

コメント

行きはS2と似たルート。違いは名古屋を23号線中心で回しているところと、タイヤが2本増えたことぐらいでしょうか。富士付近で日が暮れて、最後は高速で時間を稼ぎましたが。帰りはとにかく高速でつないで最速ペース。何時間でついたかは内緒です(笑

例によって親友夫婦の家に行ったわけですが、奥さまとお子さまは風邪のため実家へ行かれておられました。というわけで、まさかの主人と2人。気楽に延々トークをして、翌日は2人で物置を作るという、なんのための旅か、しかし大変有意義な旅でした。



S13:Ski a go go!

行き(2013年1月25日〜26日)
草津駅東口(びわこドリーム号)YCAT(京浜東北線)東京
帰り(2013年1月26日〜27日)
池袋駅東口(びわこドリーム号)草津駅東口

ポイント

久々の往復高速バス。往復割引も使って気持ち安めに。

コメント

びわこドリームは大津、草津の出発時間の早さを考えると使い勝手は微妙なのかも。乗ってしまえばたとえ横浜下車でもゆっくりできるので、この歳には助かります。帰りも横浜からを予定していたのですが、急遽池袋から乗車することに。便乗させてもらえたのは助かりました。

この旅では義姉(親族関係はない)と石打丸山へスキーに。ところが豪雪の中で、震えながらスキーしておりました。帰りは池袋のカレー屋に行くことになって、結果こういうことに。なお、帰ってきた日はまさかの@奥伊吹スキー場だったりします(爆



S14:発表が聞けるよろこび。

行き(2013年2月3日〜4日)
草津田上(新名神高速道路-東名阪自動車道-伊勢自動車道)鳥羽(伊勢湾フェリー)伊良湖岬(42号線)潮見坂(浜名バイパス〜富士由比バイパス〜箱根峠〜西湘バイパス)平塚-藤沢
帰り(2013年2月4日)
海老名(圏央道-東名高速道路-新東名高速道路-東名高速道路-伊勢湾岸道-東名阪道-新名神高速道路)草津田上

ポイント

まさかの2週連続関東。今度は荷物もあったので車で。行きは名古屋を通らないルートを試しに。帰りは例によって高速でつないで最速ルート。

コメント

普段の石榑ルートだとどうしても名古屋通過に時間がかかってしまうので、名古屋を通らないで行くルート、伊勢湾フェリーを利用しています。って、そんなに早くはなっていません。この時は久々の興津。帰りはまたも高速でつないで最速ペース。

鳥羽ルートにしたのは牡蠣が食べたかったからですが、ちょうど伊勢湾フェリーがいい時間にあって、結局牡蠣は食べられませんでした(T_T)この時は後輩の卒業発表があったので聞きに。普通に考えたら無茶ですが、なんとしても聴きたいメンバーだったのでつい。。。



S15:別れと出会い

行き(2013年5月10日)
京都(のぞみ)新横浜-横浜
帰り(2013年5月12日)
横浜-新横浜(のぞみ)京都

ポイント

ひさびさの新幹線はやっぱり費用対効果の強い味方。

コメント

現地でとにかく時間を作りたかった結果ですね。実は、某会議に2年連続で実行委員になってしまいました。それで初回ミートがあったと。時間をうまく作って7月から海外赴任する友人を見送って来ました。いい出会いと別れのあった美しい往復回となりました。ルートに面白みがないのが残念ですが。。。



S16:ごっとんごっとん

行き(2013年7月26日〜27日)
守山-米原-豊橋-浜松-島田-熱海-小田原(小田急)海老名(相鉄)横浜
帰り(2013年7月28日)
横浜-新横浜(ひかり)米原-守山

ポイント

東日本大震災直後以来の18きっぷ横断。島田で乗り換えらくらく着席確保。帰りはいいタイミングで来たひだま(死語)で米原乗り換え。

コメント

2年半ぶりのキッパー縦断ですが、それぐらい18きっぷの他に魅力的な切符が増えてきたんですよね。。。島田で途中下車は次の熱海行きが島田発だったので、始発駅での着席確保を目論んで利用。ついでに世界最長の木造橋をわたってほくほく、、、時間ギリギリで最後は猛ダッシュしましたが;

この時はS12以来の訪問。娘1歳になり、電車とバスと車の区別が付くようになりました。にしても、初めて見た新幹線をひと目で電車だと見ぬいたのはすごいな……あ、S15の会合2回目もありました。


S17:四次元芸術祭

行き(2013年8月23日〜25日)
京都駅八条口(フォレスト号)仙台(快速ジパング)盛岡-大曲-横手-北上(はやてE5系)大宮-渋谷
帰り(2013年8月25日)
渋谷-品川(のぞみ)京都

ポイント

ひさびさの「そうじゃない」ルート。目的地が完全に東北やん……

コメント

でも、あくまで主目的は関東。8/25に出身ゼミの先輩後輩の結婚式があったので、二つ返事で参加。前日がたまたま大曲の花火大会だったので、両方堪能できるコースをと、奇想天外なルートになりました。でも、金曜夜から日曜夜まで目一杯使って、高速バス・ジョイフルトレイン・カレー・花火臨・日本一の花火大会・E5系・結婚式・銀座線充ととにかく密度の濃い旅になりました。



S18:コクダイパン会議@横浜国立大学!

行き(2013年9月20日〜21日)
栗東(名神高速道路)八日市(307号等)彦根(名神高速道路-名二環-伊勢湾岸)豊明(名豊道路〜23-1号線〜横浜新道)横浜
帰り(2013年9月24日)
横浜(16号-413号-20号)諏訪(杖突峠-361号-権兵衛峠-19号)中津川(中央道-名神)彦根

ポイント

ポイントポイントで高速利用。最初の県を抜けるのに時間かかりすぎたのが原因です。

コメント

本来なら行きは例によって石榑を抜けていくはずでした。が、先週に起こった台風の影響で石榑峠が完全に×し、八日市〜彦根を307で抜けようとしたら、超渋滞。ぐるぐる回ってなんとか名神に復帰するときには、すでに2時間経過していました。豊明まで高速使って何とかリカバーしましたが。。。例によって行きは興津で泊まりです。

帰りは帰りで神奈川を軽く抜けられるだろうと考えていたら甘かった。。。甲州街道も流れはそんなに良くなく、諏訪の時点ですでに16時でした。社殿直し中の大社にお参りし、伊那谷を細かく抜けて木曾谷へ。それでも時間かかって、中津川の時点ではすでに真っ暗でした↓



S19:来世が充実→現世も充実!

行き(2013年11月9日)
京都(こだま)品川
帰り(2013年11月9日〜10日)
東京VIPカウンター(VIPバス)京都VIPカウンター

ポイント

ぷらっとこだま久々&7月の法改正を受けてツアーバス→路線バスになったVIPライナーはどう変わったか?

コメント

こだまを京都→関東で使ったのは実はこれが初めてでした。自分でけっこう意外です。ぷらっとを使うと1ドリンク券がついてくるのですが、これがソフトor350mlまでのアルコール引き換えOKとのことで、いつもついプレミアムモルツに変えてしまいます。たとえ朝でも。。。

帰りはこの7月の法改正により路線バス扱いになったVIPライナーを選択してみると、何だか、ツアーバスとほとんど変わりない感じでした。ラウンジからポン引きのように乗り場へ連れて行かれ、適当な路上に止まっていたバスに乗車するとは。バス自体はけっこうサービスよく、路線バスも少しは見習うところあるかもとは思いましたが。



S20:余すところなく関東旅!

行き(2013年12月13日〜14日)
京都(ひかり)小田原(小田急)下北沢(京王)渋谷
帰り(2013年12月14日〜15日)
東京駅八重洲通り(フライングライナー)京都駅八条口

ポイント

行きは「小田原のぞみ」で小田原から関東in。帰りはフライングライナーでとっとと帰宅。

コメント

ひかりの小田原利用は初めてですね。神奈川県西部に用事があるときはのぞみを無理に使うよりかはおとなしくひかりを使った方が良いというのは、ファーストシーズンの第三十一回より教訓。帰りのフライングライナーは初利用でしたが、ちょうど開いていたのでgtしたという。ひいきしてやっぱりもともとの高速路線バスがいいですね。

S16以来の訪問、S18の反省会を目的に東上。この年の集大成といっても過言ではないでしょう。



S21:みやこづかえ

行き(2014年3月28日〜29日)
堅田(湖西線)京都駅(レッツ号)立川駅(南武線)分倍河原(京王)調布

ポイント

東京西部に用事&少しでも時間を有効活用したい中で、ギリギリのタイミングでとれた3列シートでこれしかないと。

コメント

時間のない中、金曜深夜に移動することで少しでもフリーの時間を増やしたかったことにより、上で書いたような慌ただしい方法となりました。第三十六回ほどではないですが、このときも相当に重い荷物とともに移動。バリアフリーという言葉のありがたさを噛み締めつつでした。あ、ルートとしては割とスムーズだったかと思います。




2014年、開幕で大きく情勢が変わりました。東京転勤、そして結婚により、住まいが大きく変わり、行動目的と方法を変えざるを得ないということになり、果たしてこの記録はいつまで続くのかですが、とりあえず、サードシーズンへ続きます。




サードシーズン:再び上洛ルートを考察する。

T1:帰る家があるということ

行き(2014年4月18日)
調布(京王相模原線)京王稲田堤・・・稲田堤(南武線)武蔵小杉(東急東横線)菊名(横浜線)新横浜(のぞみ)新神戸
帰り(2014年4月18日)
新神戸(のぞみ)品川(山手線)渋谷(京王井の頭線)明大前(京王線)調布

ポイント

行きと帰りで首都圏側の出発地が異なっていますが、そういう仕様を取らざるを得なかった。

コメント

行きは朝ラッシュの時間帯だったので極力都心へ出ないルートを選び、帰りは東京行き最終で帰らなければならなかったので最速で帰れる品川からとしました。東京-新神戸往復は<東京都区内-朝霧>の乗車券にして往復割引を狙うというのが割とメジャーですが、これも使えたんじゃ?って完全に欠点ですね。
 サードシーズン初の関西行きは神戸への出張でした。帰りは最終の東京行きだったので明らかに実家へ帰るのが楽だったのですが、調布へ帰ることにしました。これが「帰る家が出来た」ということなのかもしれません。



T2:大型連休は移動すべきではない

行き(2014年5月3日)
調布(京王)新宿(中央線)東京(のぞみ)京都
帰り(2014年5月5日〜6日)
近江八幡(421号線-石榑トンネル)桑名(1号線)名古屋(153号線-長野県道50号)諏訪(20号線)石和(20号線)調布

ポイント

行きは「あえて」の東京からののぞみ。帰りは自宅に残してきたバイクの甲種回送のために走ってきたわけだが、、、

コメント

行きはGWの後半初日。東京に行けば指定席を取る必要はないと、早朝に出発したのですが甘かった。東京駅は既に大混雑。40分後ののぞみをゆっくり待って乗車と相成りました。現自宅から京都まで4時間以上かかるのは歴代の移動の中でもかなり時間がかかったように思います。

帰りはバイクで一人快走して帰る予定だったのですが、雨の影響と飯田街道の高所、治部坂峠、寒原峠を抜けたことでスパークプラグから失火、40分ほど、雨の中での修理を余儀なくされました。そのあとも松川、駒ヶ根でエンスト。寒さに震えながらなだめているとしっかり時間が経ち、石和で一泊余儀なくされました。翌日はトラブルなく乗り切れたのですが、タイトルが示す通り、歴代の中でも屈指のつらい往復となりました。



T3:見ざる着飾る言わざる

行き(2014年6月20日〜21日)
新宿新南口バスターミナル(ドリーム号)京都
帰り(2014年6月21日)
京都(ぷらっとこだま)品川(山手線)新宿

ポイント

金曜深夜に出発して時間を有効活用したい場合にドリーム号は心強い味方。銀河があればなあ。。。ぷらっとの上りは半年ぶり

コメント

行き帰りとも慣れた方法でほとんどコメントのしようがないのですが、、、一応、新宿新南口は移転後初利用。これ、どう見ても代々木駅です本当にありがとうございました。タイトル通り京都で着飾ってきました。何のために着飾ってきたかは、、、ノーコメントで。



T4:くるまなしでは生きていけない

行き(2014年7月19日)
調布(京王線)新宿(山手線)品川(新幹線)京都
帰り(2014年7月21日)
栗東(名神高速道路)八日市(421号線)湾岸桑名(伊勢湾岸道)名古屋東(23号線-1号線-139号線)富士宮(469号線-138号線-473号線)橋本

ポイント

行きは弩早朝の移動再び。品川発なので気持ち余裕に。帰りは陸路をスムーズにいかにつなぐかを考えた結果、主に都市部を中心に高速を使ってスピードアップを計ってみた。だけど所要時間14時間。

コメント

T2の反省を生かしてT4では指定席での移動となりました。2人以上の移動で予め混雑することがわかっており、かつ時間に余裕がないときは指定席を取っておいた方が良いと、一人旅との違いに気付かされる移動となりました。もちろん余裕の旅。帰りは自家用車を甲種回送。上手くバイパスをつないで富士川までは余裕の旅程だったので、富士宮でお好み・焼きそばを入れた後、富士山麓を寄り道。ちょっと寄り道が過ぎた感じですが、都夫良野TNや小仏TNでノロノロ運転を余儀なくされるよりマシですね。タイトルはもちろんBerryzから。



T5:シンデレラハネムーン1/3倍速(byコロッケ)

行き(2014年8月12日〜18日)
新橋-羽田空港(NH81便)新千歳空港<この間道北周遊>札幌(トワイライトExp.)大阪
帰り(2014年8月18日)
大阪-新大阪(のぞみ)品川(山手線)新宿(京王線)調布

ポイント

大阪滞在時間15分。上洛としてはそれだけ。

コメント

およそ上洛とは言えないルートですが、おそらく大阪行きのルートとしてはこれ以上ない豪華さかと思います。A寝台ロイヤルの話は別所で詳しく触れているのでここでは省略しますが、一気に現実に戻される感覚にはげんなり。新大阪駅もUターンラッシュの余波を受けていて、いつもより「わかっていない」客が多かったため大混雑。さらに新幹線も混雑でロイヤル→立ちっぱなしという天と地を味わった気がします。こんなに心躍らない新幹線は初めて。



T6:この帰省は福井大学の提供でお送りしました

行き(2014年8月29日)
調布(京王相模原線)京王稲田堤・・・稲田堤(南武線)武蔵小杉(東急東横線)菊名(横浜線)新横浜(ひかり)米原(しらさぎ)福井(サンダーバード)京都
帰り(2014年8月30日)
京都-米原-大垣-豊橋-浜松(こだま)静岡-熱海-小田原-新宿(京王線)調布

ポイント

行きは出張ルートの常套。帰りは帰宅ルートの常套。

コメント

出張のついでの帰宅です。行きは目的も時間も決まっていたので、それに沿った形での移動となりました。帰りは約1年ぶりの18きっぷでごろごろ。もうずいぶん経験しているのですが、帰宅時間の都合で浜松〜静岡をワープすると、これだけでかなりの時間短縮につながるのですなあと実感。なお、この18きっぷはT5の北海道滞在時に使用したものの余りです。



T7:分け入っても分け入っても青い山

行き(2014年9月13日)
調布(中央道)勝沼(R20-R19-R21)関ヶ原(名神高速)京都
帰り(2014年9月14日)
真野(R161)敦賀(北陸道)福井(R158)荘川(東海北陸道-中部縦貫道)高山(R158-R19)塩尻北(中央道)大月(R139-r35-r517-R412-R413)橋本

ポイント

東京西部からのスタート&ゴールなので無理に東海道に出ず中央道を突っ切った方が距離的には近い、ということから選んだ結果。

コメント

行きは笹子トンネルを超えれば後は適当に下道をと考えていたところ一宮御坂の手前で事故ということで、勝沼から早くも下道を流すことに。S18では杖突峠経由になっているのを塩嶺峠経由に変えると、余り快適ではなくがっかり。木曽高速はそれなりに流れましたが、R21でまたも大幅スピードダウンでここは高速で行くべきだったなと反省。

帰りはドライブを楽しむ方に主眼が置かれていますな……九頭竜湖、荘川の風景は最高でほとんど訪れたこともないことも手伝って、爽快な気分になりました。一方、上高地超えてからは混雑、中央道は小仏TNでお決まりの事項渋滞。秋山集落から相模湖の南岸を抜けていくとこれがなかなかの険道で心身ともに困憊。往復とも中央道にかなり苦しめられた旅となりました(涙



T9:時と体力を金で売ってから、時だけ金で買い戻す。

行き(2014年10月17日〜18日)
東京駅八重洲口(青春ドリーム)京都駅烏丸口
帰り(2014年10月19日)
京都(のぞみ)品川(山手線)新宿(京王線)調布

ポイント

もはや目新しいところは何もない。

コメント

立て続けて京都との往復が続くので、どうしても安価な方法に頼らざるを得ません。というわけで行きは公共交通機関最安の4列バスで。とはいえ、もはや慣れたもので発車とほぼ同時に就寝。そのまま京都東icまで熟睡しておりました。帰りは予定の都合で夕方の新幹線を。時期が時期なのできちんと指定席を押さえました。

来月のイベントに向けて大詰めの調整です。往復以上に今回やられたのは京都市内でのルート。都合上、主にバスでの移動を中心にしていたのですが、思った以上に時間がかかるという区間ばかり。やっぱり鉄道+徒歩が最強と改めて実感しました。



T10:HAPPY WEDDING ふたり

行き(2014年11月28日〜29日)
調布(都道・神奈川県道-R129-R246)大井松田ic(東名高速)沼津ic(R1-R23-愛知県道-衣浦トンネル-愛知県道-R155)東海ic(伊勢湾岸道)みえ川越ic(R23-R1)甲賀土山ic(新名神-名神)京都東ic
帰り(2014年12月1日)
守山(滋賀県道)彦根ic(名神-東海北陸道-東海環状道-中央道)中津川ic(R19-R361-R20)勝沼ic(中央道)調布ic

ポイント

行きは途中でぶん回しを余儀なくされ……帰りはこれまでの経験と叡智を結集した最強ルート。そしてその恩恵を実感した移動。

コメント

今年のプライベートの集大成、自身の結婚式のための移動。京都での話は別のサイトへ譲るとして、行きは深夜に調布を出発。途中、一般道で仮眠を取るのに気が引けたので、わざと東名高速に乗り駒門PAで仮眠しています。翌朝はR1→R23とつないだところ、西尾市内で大渋滞に捕まり、さっさと捨てて知多半島方面へ。その後も気勢が上がらない道中が続き、結局甲賀土山で時間切れとなって高速で飛ばしました。

帰りは「大規模バイパスがなく、街中を走る区間」を中心に高速に置き換え、なるべく節約に努めました。特にR22スルー、R361利用あたりはこれまでの経験が生きています。高遠そばもナイス。



T11:Uターンラッシュ〜全部雪のせいだ〜

行き(2014年12月26日)
調布(都道・神奈川県道-R129〜途中神奈川県道等〜R246)沼津ic(東名高速)富士ic(R1-R23)豊明ic(伊勢湾岸道-東名阪道-新名神)草津田上ic
帰り(2015年1月3日)
守山(滋賀県道-R8-R21)関ヶ原ic(名神-中央道)園原ic(r50-R153-広域農道)伊北ic(中央道)調布ic

ポイント

年末年始のラッシュにいかに巻き込まれないかを考えた移動に。本当は行きも中央道がベストだったけれども、何せスタッドレスでないので。。。

コメント

行きは朝出発して富士に昼過ぎ、という日着がかなり危ぶまれる移動でした。結果S3同様に豊明から新名神を使って逃げ切りとせざるを得ず。とはいえ、豊明〜草津の移動は新名神ルートが空間距離的にもかなり近いので、利用価値は高いですがね。

帰りは彦根から高速の予定がガス補給に手間取り関ヶ原まで走る羽目に。園原で降りたのはヘブンスそのはら立ち寄りのためです。その後の昼神温泉・伊那広域農道は◎。最後はUターンラッシュの渋滞にも巻き込まれず、伊北を21時に出た割には日着という奇跡のようなUターンでした。



T12:引っ越しは眠りながら走る(1)

行き(2015年3月22日〜23日)
調布(都道・神奈川県道-R129)相模原愛川ic(圏央道-東名-名神)彦根ic
帰り(2015年3月23日)
守山(滋賀県道-R421-R1)湾岸長島ic(伊勢湾岸道)名古屋南ic(R23-R1)箱根峠ic(箱根新道-小田原厚木道路-圏央道)圏央厚木ic

ポイント

行き帰りともストイックに。特に行きは久々のほぼ高速道路でのルートを組、帰りは逆に出来る限り一般道を使ってのルート。往復東海道で。

コメント

行きは旧東名・旧名神利用、帰りは伊豆中央道と箱根新道から小田厚経由というところがミソでしょうか。帰りは特に「意外に早く帰れるルートだった」点が評価プラスでした。

行きは直近2週間の平均睡眠時間が3時間というとんでもないコンディションの中走っていますが、東郷PAで仮眠をとっています。というより相良牧之原SA以降ほとんど記憶のない中で走っていて、事故がなかったことに深くホッとするなど。



T13:引っ越しは眠りながら走る(2)

行き(2015年3月28日〜29日)
調布(都道・神奈川県道-R129-R246)平塚ic(小田原厚木道路-箱根新道-R1)興津(R1-浜名湖周回-r4-R23)豊明ic(伊勢湾岸道-東名阪道-新名神)草津田上ic
帰り(2015年3月29日〜30日)
守山(東海道線)大阪(中央道青春ドリーム)中央道深大寺

ポイント

行きはシーズン最後の往復ということで、実用性ではなく観光に特化したお祭りルート。帰りは完全に消化試合というか、単なる出勤というか。

コメント

先週に引き続き荷物輸送のため。やっぱり時間切れで豊明からいつもの高速帰りという残念な落ちになりましたが、サード・シーズン最後の往復として、これまで浜名バイパスで通り過ぎていた浜名湖を奥浜名経由で3/4周しています。JRバス利用者なら誰もが知ってる三ヶ日icの「あの」場所や本場のうなぎなど近辺を堪能しました。

帰りは最後の出勤のため、当日の深夜バスで東京へ舞い戻り。調布市民のうちに使っておきたい深大寺バス停で下車しています。そのためにわざわざ大阪からバスに。



T14:かえりたくないよ

行き(2015年3月31日)
虎ノ門-新橋(山手線)品川(のぞみ)名古屋(ひかり)米原(東海道線)守山

ポイント

シーズン終了のルートはごくごくシンプルに。状況は……

コメント

前回戻りから今回にかけてはただの通勤です。ただ、引継書の作成や机の片付けが全く終わらないままに職場の送別会になり、送別会後に職場に舞い戻って荷物の片付けをするハメになりました。そしてのぞみ103号で帰るという。ま、既に自宅を引き払っていたので、ホテルに泊まるよりかは職場で朝まで待ったことで安上がりにはなったんですけどね。





フォースシーズン:そして、滋賀県

F1:もうGWに出かけたいなんて言わないよ絶対

行き(2015年5月2日)
守山-米原-豊橋-浜松-島田-沼津(御殿場線)松田
帰り(2015年5月3日〜4日)
松田(R246)御殿場(R419-R418)西湖(R352-R20-R141-R299-R152-長野県道36-R153-愛知県道30-R152-R22-R21-R8)守山

ポイント

行きは普通電車で、帰りはバイクで、それぞれGWのおトク旅を演出。ただ現実は……

コメント

高速道路は大渋滞、新幹線は大混雑、でも、GWには青春18きっぷがないということで、実はGWの東海道乗り継ぎは穴だったりします。今回もうまく電車を選んで、米原からは全列車で座席確保に成功しました。沼津港の海鮮も相当にナイス。春は魚の美味しい季節なのだと実感。

で、帰りは逆に山へ(笑 もともと3ケタ国道だけで帰れないかという実験ルートを組んでみて、無茶なルートは組めたので、もう少しマイルドにしてみたルートで飯田まで来たものの、昨年のデジャヴか、寒原峠、治部坂峠で豪雨に見舞われ大惨事に。その後も雨は止まず、雨・風・夜の三拍子揃ったシチュエーションの中帰宅。もうGWに出かけるのは懲り懲りです。



F2:67年式タイプIIイヤッッホォォォオオォオウ!

行き(2015年7月3日〜4日)
堅田-京都…京都駅八条口(金太郎号)小田原駅南口
帰り(2015年7月5日)
小田原(こだま)米原-守山

ポイント

神奈川県西部に用事のあるときに、週末を目一杯使えるように組んだベストな行き帰り。

コメント

行きの金太郎号はファースト・シーズンでも利用していますが、あの時は正月のUターンのため不本意な利用でした。が、今回は神奈川県西部に用事があったので利用したという積極的な利用。改めて乗ってみるとかなり快適な車内でした。需要は思った以上にあると思うので、増発してもいいのではと思うのですが。
帰りは新幹線(ry といってもこだま。しかも小田原までも普通電車、米原からも普通電車ということで、実は全く通過駅のない帰宅ルートとなりました。かなり時間が掛かったで。



Weblogに戻る。 RootHPに戻る。
Ads by Sitemix